自己破産 メリット デメリット

自己破産しても強く生きていく!

自己破産した僕の生きる道

メニュー

自己破産は自分でする?弁護士に依頼する?自己破産者は増加中?自己破産は何度でもできる?ブラックリスト?自己破産したいきさつ・・・

自己破産は自分でする?弁護士に依頼する?

僕は2年前に自己破産をしましたが、その際は弁護士に手続きなどを依頼しました。ネットなどで色々調べて、自己破産手続きは自分ですることも可能ですが、確実に、そして短期間で免責許可の決定がおりるには弁護士に依頼したほうがメリットが大きいと考えたんです。

もちろん弁護士に依頼するとなると無料というわけにはいかず、僕の場合は約30万円の報酬を支払いました。この30万円が安いか?高いか?は難しいですが、もしも弁護士に依頼しなかった場合、もしかしたら免責許可の決定が下りなかった可能性もあるし、免責許可の決定が下りるまでに1年以上時間がかかった可能性もあるので、僕は弁護士に自己破産の手続きを依頼してよかったと思っています。

僕の担当弁護士の方は信頼できる感じでしたが、なかには悪徳弁護士もいるようなので、自己破産を弁護士に依頼する場合の注意点というサイトもあるので、悪徳弁護士に引っ掛からないように気を付けましょう!

僕は二度と自己破産しないと心に誓って新しい生活を始めていますが、いままさに自己破産するかしないか間際の人もいるかもしれません。

しかし必ず未来は開けるので、諦めずにまっすぐの人生を歩んでほしいと思います!がんばれ!

自己破産者は増加中?

自己破産者は2、3年前までは年々、減少傾向にあったみたいですが、この1、2年再び増加傾向にあるみたいなんです。貸金業に関する法律が厳しくなり、お金を貸すためには年収なども考慮しなければならないため、お金を借りたくても希望額を借りれないこともあるため、借金額も減ってきていましたが、ここにきてなぜ自己破産者が増えているのかは謎ですね。。

僕が思うには、正規の貸金業者からお金が借りれなくなった人が、闇金などに手を出し、その結果返済ができなくなって自己破産する人が増えているんじゃないか?と思っています。

闇金の金利はえげつなく、十一なんてまだカワイイもので、10日で5割、10割、つまり10万円を借りたら10日後に15万円、20万円を返済しなくてはならない考えられないような暴利なんで、どんなにお金に困っていても闇金にお金を借りたら人生終わりと思っていたほうが良いです。

例え自己破産しても闇金業者はあの手この手を使って返済を迫り、債務者の人生なんて一切考えませんので気を付けましょう。

あと自己破産者が増えている大きな原因が日本の高齢化社会ではないか?と考えています。

高齢者になれば仕事を退職し、貯金と年金に頼った生活になりますが、年々、支給される年金額が減らされ、さらには年金をそもそも支払っていない世代も今後増加するので、つまりは年金をもらえない層が結局は自己破産をしたり、生活保護を受けるんじゃないかと思っています。

僕は二度と自己破産はしたくないので、年金も確実に支払、少しずつですが貯金もして、節制してこれからは過ごしていこうと思っています。

自己破産は何度でもできる?

自己破産なんてできれば一生したくないと思いますが、実は自己破産は1度だけではなく、何度もすることが可能なんです。

自己破産するには裁判所から免責許可が下りなければなりませんが、この免責許可は7年間は下りないことになっていますが、7年経過すれば再び降りるので、つまり自己破産してから7年がたてば、再び自己破産することは法律上可能なんです。

もちろん1度、免責許可が下りて自己破産したという事実があるので、いくら前の免責許可から7年経ったからといっても簡単には免責許可が下りずに自己破産することは難しいのが現実なようで、何度も自己破産することはかなり難しいのですが、法律上は自己破産は何度でもできる事になっているんですね。

ただ自己破産なんて1度するだけでも人間的にどうかと思うので、僕は1度、失敗し、二度と自己破産しないと決めたので、法律的には可能でもするつもりはありませんし、これからは過去の失敗を糧にして生活していきたいと思っています。

とはいってもいまだに苦しい生活が続いていることは確かです。。それでも人として、これ以上、誰にも迷惑はかけられませんので、節制して、人生を歩んでいきたいと思います。

ブラックリスト?

自己破産するとよくブラックリストに載ると言われていますが、これは都市伝説でも何でもなく本当の事です。僕自身が経験していますから。

ブラックリストとは、いわゆる事故情報の事で、自己破産した人だけでなく、クレジットカードの支払いを延滞した人、携帯電話代金の支払いを延滞した人、各種ローンの支払いを延滞した人すべてが対象で、このような人たちは事故情報に掲載され、ローン会社、クレジットカード会社などは事故情報に載っている人からローン審査、クレジットカード作成審査が来ても、審査を通す可能性はかなり低いみたいなんです。

つまり携帯電話料金を1度でも延滞するだけでブラックリスト、事故情報に載る可能性があるので、住宅ローンやマイカーローンの審査に通らないことがあるんです。

もちろん事故情報扱いになったからといって一生ブラックリストに載るわけではなく、その程度によって数年以内にはブラックリストから外れるので、この点は一安心です。

僕も自己破産して2年ほど経ちましたが、先月クレジットカードの申し込みをしたのですが、やはりまだブラックリストから外れていないみたいで審査には通りませんでした。。

やはり自己破産者は2年くらいではブラックリストから外れないみたいです。。

自己破産したいきさつ・・・

はじめまして。2年前に諸事情により自己破産した正樹と言います。

私が自己破産した理由・・・、それは一言に自堕落な生活をしていたからです。。

普通に働き普通に生活していただけと自分では思っていましたが、知らない間にクレジットカードの支払額が増えていき、滞納するようになり、気付けば自分の収入では返済が困難なほどな借入額になっていました(-。-;)

こうなるともうどうにもならなくなり、毎日毎日、借金の事ばかり考えて、本当に生きていても全く楽しくありませんでした。。仕方ありません自業自得ですから。

そんな時に借金がチャラになる自己破産の事を知って、僕のような事情でも自己破産できるのか?弁護士に相談しに行ったら、問題なく自己破産、つまり免責許可の決定が下りると言われたので、藁をもすがる気持ちで弁護士にお願いして破産手続きを開始しました。

結局、弁護士のおかげで?免責許可の決定が下りて、僕の借金約300万円がチャラになりました。ただ弁護士への報酬が数十万必要になったので、実際には少しだけ支払いが残っていますが、かなり気が楽になりました。

自己破産から2年経って、弁護士への報酬も完済し、いまは完全に借金がない状態となっています。

自己破産は僕のような人間にとっては夢のような制度ですが、やはりメリットだけでなく、デメリットも非常に多いです。

まず1つ目のデメリットはやはり負い目です。僕のような人間を信じてクレジットカードを発行してくれた会社、ローン会社には本当に申し訳ないと思っています。

このブログを通じて僕が自己破産して思ったこと、懺悔、自己破産のデメリットなどを記していきますので、これから自己破産を考えている方は参考にしていただければと思います。


メニュー

自己破産は自分でする?弁護士に依頼する?自己破産者は増加中?自己破産は何度でもできる?ブラックリスト?自己破産したいきさつ・・・


Copyright ©自己破産しても強く生きていく! All rights reserved.

ログイン